大阪では「中学入学=受験生」となる理由

大阪では「中学入学=受験生」となる理由

大阪府の高校受験システムが数年をかけて変更されてきたことはご承知のことと思いますが、
特に、合否判定における入学試験と内申書における内申の評価が、3年生時の1年間から在学中の3年間に変更になったことは、最も影響の大きな部分となっていると思います。
つまり中学入学と同時に評価されていきますので、3年生になってから頑張りだしても内申においては間に合わないということです。
そしてこの内申は全科目の成績が評価されますので、入学時より5教科まんべんなく学力を積み上げていくことが、志望校合格に最も近い道と言えます。